シールド工法技術協会 ホーム
Q&A

 ■P & PCセグメント工法
Q1

P&PCセグメント工法の特長を生かせる用途は?

A1 本工法は、高い内水圧が作用するトンネルでもプレストレスを導入することにより、コンクリート断面を圧縮状態に保つことができ、構造的な安定性と止水性を確保できます。また、施工性や経済性の面では、より大口径のほうが有利となります。このため、洪水時には内水圧が作用する地下河川や雨水貯留管が最も特長を生かせる用途と言えます。

Q2

P&PCセグメントの見積り等は、どこへ問い合わせればよいですか?

A2 P&PCセグメントを取り扱っているセグメントメーカーの連絡先は下記のとおりです。
  株式会社IHI建材工業 TEL 03-6271-7326
  ジオスター株式会社 TEL 03-5844-1206
  SMCコンクリート株式会社 TEL 03-5849-4822
  都築コンクリート工業株式会社 TEL 03-5245-8500
  JFE建材株式会社 TEL 03-5644-5562
  日本コンクリート工業株式会社 TEL 03-5462-1055
  フジミ工研株式会社 TEL 03-6913-4330

Q3 P&PCセグメント工法の技術資料、積算資料はどうしたら入手できますか?
A3

技術資料については、シールド工法技術協会ホームページの「技術資料集−P&PCセグメント工法」よりダウンロードできます。
積算資料については、シールド工法技術協会お問い合わせフォーム)へ直接お申し込みください。


Q4 P&PCセグメント工法の適用径は?
A4 P&PCセグメントの最小径は、主にセグメントの搬入、組立て等の施工性から決定され、内径2.0m程度です。最大径は、現状のコンクリート系セグメントと同等であり、内径12.0m以上も適用可能と考えます。

Q5

P&PCセグメント工法は、特許料が必要ですか?

A5

P&PCセグメント工法の実施には、実施権許諾契約が必要です。ただし、特許実施料は必要ありません。詳細はシールド工法技術協会お問い合わせフォーム)へお問合せください。


Q6

P&PCセグメント工法の実績を教えてください。

A6 シールド工法技術協会ホームページの「パンフレット類−P&PCセグメント工法−詳細パンフレットPDF」p.4をご覧ください。