シールド工法技術協会 ホーム
Q&A

 ■MFシールド工法
Q1 MFシールド工法は、土圧式シールド工法は可能ですか?
A1 これまでの施工実績はすべて泥水式シールド工法ですが、密閉型シールド工法を対象として開発してきましたので、土圧式シールド工法の採用も可能です。シールド工法技術協会ホームページの「技術資料集−MFシールド工法」p.15〜p.17を参考にしてください。

Q2 MFシールド工法の技術資料、積算資料はどうしたら入手できますか?
A2 技術資料については、シールド工法技術協会ホームページの「技術資料集−MFシールド工法」よりダウンロードできます。
積算資料については、シールド工法技術協会お問い合わせフォーム)へ直接お申し込みください。

Q3 MFシールド工法は複数の円形を連結して掘削しますが、円形は何個まで連結できるのでしょうか?
A3 円の個数に制約はありません。これまでの実績では、横2連型と横3連型です。シールド工法技術協会ホームページの「技術資料集−MFシールド工法」p.15〜p.16を参考にしてください。

Q4 セグメントの中柱は省略できないでしょうか?
A4 完全に省略することは構造的に難しいですが、駅部のシールドでは縦方向に桁を配置して4リングに1箇所の中柱構造としています。

Q5

MFシールド工法の実績を教えてください。また、海外での施工実績はありますか?

A5

MFシールド工法としては3件(京葉都心線京橋トンネル新設工事、都営地下鉄12号線飯田橋駅工区建設工事、大阪市地下鉄第7号線大阪ビジネスパーク停留場工事)の実績があります。また、MFシールド工法のセグメントを採用した実績としては、この実績以外に2件あります。
海外での施工実績は、まだありません。


Q6 MFシールド工法で施工可能な大きさはどのくらいですか?
A6 現状技術でセグメント外径2.5m〜10.5mについては施工可能と考えています。この範囲外の大きさのシールドに関しては、十分に検討をして施工が可能であるか判断する必要があります。

Q7

MFシールドマシンは複数の円で構成されていますが、円形が分離して掘削することは可能ですか?

A7

シールドマシンの構造としてチャンバー等を共有しているため、基本的にはシールド個々を分離して掘削することはできません。
分離して掘削を場合は、地中での分離ではなく、立坑内でマシンを改造する必要があります。


Q8 MFシールド工法で、施工可能な曲線半径はどの程度ですか?
A8 施工実績としては、飯田橋の3連MFシールド(マシン寸法;全幅17,440mm、全高8,846mm、全長11,020mm)で曲線半径125mを施工しています。

Q9 ローリングにはどのようにして修正するのですか?
A9 MFシールドマシンに、偏向ジャッキおよび可動ソリを配備して、ローリング修正を行います。

Q10 MFシールド工法のシールドマシンおよびセグメント材料の見積り等は、どこへ問い合わせればよいですか?
A10 MFシールド工法のシールドマシンおよびセグメントの見積ができる(製作した実績のある)シールド工法技術協会の会員会社の連絡先は下記のとおりです。
 <シールドマシン>
  日立造船株式会社  TEL 03-6404-0168
  JIMテクノロジー株式会社 TEL 044-201-8268
 <RC・鋼製セグメント>
  ジオスター株式会社      TEL 03-5844-1206