シールド工法技術協会 ホーム
Q&A

 ■H & V シールド工法
Q1 H&Vシールド工法の技術資料、積算資料はどうしたら入手できますか?
A1

技術資料については、シールド工法技術協会ホームページの「技術資料集−H&Vシールド工法」よりダウンロードできます。
積算資料については、シールド工法技術協会お問い合わせフォーム)へ直接お申し込みください。


Q2 H&Vシールド工法の実績を教えてください。
A2 シールド工法技術協会ホームページの「パンフレット類−H&Vシールド工法−詳細パンフレットPDF」p.4をご覧ください。

Q3 H&Vシールド工法において、径の異なる円を組み合わせることは可能ですか?
A3 それぞれのシールド径が異なっても適応可能です。六本木駅シールド(4芯円:φ6,560mm×2,φ1,720mm×2)および南台幹線(マシン外径φ3,290mm,φ2,890mm)、第二溜池幹線及び勝どき幹線工事(マシン外径φ9,000mm,φ4,150mm)の実績があります。詳しくは「技術資料集−H&Vシールド工法」のp.44〜p.53、p.58〜60をご覧ください。

Q4

H&Vシールド工法では、円形を縦方向へ組み合わせて施工することは可能ですか?

A4 複数の単円シールドの組合せでの施工となりますので、横でも縦でもどちらでも施工可能です。また、縦(横)並列から横(縦)並列へとらせん状に連続移行することもできます。

Q5

分岐する場合、どのような手順にて行うのですか?

A5

分岐地点でそれぞれのシールド機を連結しているスペーサー部の連結ピンを取り外し、この穴にジャッキボルトを挿入、そのボルトを押しつけることによりシールド機とスペーサーを分離します。なお、スペーサー部は地中に残置します。詳しいステップについては「技術資料集−H&Vシールド工法」のp.52をご覧ください。


Q6 使用するセグメントは特殊な形状となるのでしょうか?
A6 セグメントは、従来の円形セグメントを使用する「分離型セグメント」と、複数の円形トンネルを結合した「一体型セグメント」があります。「分離型セグメント」は、通常のセグメントを適用しながら超近接トンネルが構築できます。「一体型セグメント」では、複数の円形トンネルが接続された構造となっているため、トンネル間に連絡路などを容易に構築することができます。また、一体型セグメントの結合部を柱構造として複円形断面を構築することも可能です。

Q7 円形セグメントで複数のトンネルを構築する場合の最小離隔はどの程度必要でしょうか?
A7

トンネルの最小離隔は、それぞれのシールドマシンの外形寸法、接続部構造およびオーバーカッタの切削範囲などによって決定されます。参考までに下表に標準的なシールドマシンの諸元を示します。詳細につきましては、マシンメーカーにお問い合わせください。


Q8 H&Vシールド掘削機の見積りを依頼したいのですが、どこのメーカーでも製作可能なのでしょうか?
A8

シールドマシン製作の実施権を保有しているマシンメーカーは、シールド工法技術協会ホームページの「パンフレット類−H&Vシールド工法−詳細パンフレットPDF」p.4をご覧ください。具体的には以下の通りとなります。

  川崎重工株式会社 TEL:03-3435-6644
  株式会社小松製作所  TEL:03-5561-2725
  JIMテクノロジー株式会社  TEL:044-201-8268
  日立造船株式会社 TEL:03-6404-0168