シールド工法技術協会 ホーム
Q&A

 ■DOT工法
Q1 DOT工法の適用事例を教えてください。
A1 下水道、共同溝、鉄道トンネルへの適用がこれまでの実績です。詳細については当協会ホームページの「パンフレット類−DOT工法−詳細パンフレットPDF」p.4をご覧ください。

Q2 切羽保持は、どのようにして行うのですか?
A2 泥土圧シールド工法と同様の切羽保持、掘進管理を行います。適用土質も泥土圧シールド工法に準拠します。

Q3 適用最小断面寸法を教えてください。
A3 DOTシールドは重複円形断面固有の分岐部や柱セグメントを組み込むため、組立空間を通常より大きく取るので、シールド外径がφ2.5m×W4.25m程度を最小断面と考えます。

Q4 施工実績は横型二連形の施工しかありませんが、タテ型の施工も可能ですか?
A4

可能です。施工実績はありませんが、タテ型二連型の実験工事を行っており、タテ型の場合も施工可能であることが実証されています。


Q5

歩掛りおよび日進量を教えてください。

A5 歩掛り等の積算資料については、シールド工法技術協会お問い合わせフォーム)へ直接お申し込みください。
また、技術資料については、当協会ホームページの「技術資料−DOT工法」よりダウンロードできます。

Q6 DOTシールドの掘削機の見積りを依頼したいのですが、どこのメーカーでも製作可能なのでしょうか。
A6

シールドマシン製作の実施権を保有しているマシンメーカーは、以下の通りです。

  川崎重工業株式会社 TEL:03-3435-6644
  JIMテクノロジー株式会社 TEL:044-201-8268
  日立造船株式会社 TEL:03-6404-0168